IVP Internet Value Provider IVP Co. Ltd.IVP Internet Value Provider IVP Co. Ltd.

  • タイトル

アクセスログ解析 アクセスログ解析で使用するツール

 | 

3.アクセスログ解析で使用するツール

ログ解析ツールを探せば、有料ソフト、フリーソフト、色々見つかります。
スクリプトを作成して自力で解析する事も可能だと思います。
有償ソフト、フリーソフト、自作スクリプトで適当な1日のログを解析し結果を比較することで精度の担保を得たいと思います。
負荷によってダウンしないサイトを構築するにはピーク時のPV(時間単位)を把握し、それに耐えられるだけのサーバ構成にする事が必要です。
精度が担保出来るかどうかがポイントになってくると思いますのでそこを比較検証したいと思います。
今回負荷試験とも見比べたいのでサーバー1台あたりの数値で解析します。

1分単位、1秒単位のPVはソフトでは出なかったりするので自作スクリプトを使って解析を行う事とします。
各ソフトを使った解析結果と自作スクリプトの結果を比較してみたいと思います。

■PV数TOP5の結果

PV数TOP5の結果

解析ソフトが違えば、ある程度結果の誤差も出てくるであろうと予想していたのですが、思ったより誤差は少なかったです。
ここではやはり信頼性の高い有償ソフトを基準として考えたいと思います。そこで有償ソフトの結果より±0.1%の範囲をしきい値として見てみると、 以下の赤文字の箇所の誤差がしきい値を超えている事になります。

■誤差を比較

誤差を比較

自作スクリプトの誤差が目立つので調整して行きたいと思います。

この時使用していたスクリプトは下記の様なものです。

スクリプト

自作スクリプトで誤差が大きいのは通常のトップページとスマホのトップページです。
この誤差を調べる為にアクセスログをしばらく眺めていると原因が解りました。
トップページのパスに対してWebアプリケーションにパラメータを渡す時に使われるクエリストリングを含めるようにしていませんでした。
スクリプトにこれを追加して下記の様に修正しました。

スクリプト

これを実行したところ以下の結果(青文字部分)になりました。
これで有償ソフトに対して自作スクリプトもほぼ誤差が無くなったと言えます。

 

■スクリプトの調整

スクリプトの調整

4.アクセスログ解析の対象サイト

今回は特にタイムセール時にアクセス数が多いお客様のサイトをアクセスログの解析対象としました。
これらのサイトはタイムセールも実施されており、通常時とは違ったアクセス数が見込まれます。
通常時のアクセス数と比べて、タイムセール時は何倍のアクセス数になるのか?といった所も見ていきたいと思います。
このサイトは下記のような3つの特徴があります。
・TOPページを静的ページを極限まで軽量化して大量のPVに耐えられるようにしたサイトです。
・こちらはタイムセール開始のタイミングで大量のアクセスがあります。
・詳細は次回掲載しますが、セールが実施される時はページや時間帯にもよりますが通常時の50倍を超えるアクセスがある事もあります。
ですので時間帯別に通常時と比較してどれくらいのアクセス増があるのか詳しく見て行きたいと思います。

では改めて前回のブログで計測していたページをベースにアクセスログの解析を進めてみたいと思います。