IVP Internet Value Provider IVP Co. Ltd.IVP Internet Value Provider IVP Co. Ltd.

  • タイトル

SSLの負荷分散 試験環境と試験方法

 | 

3.試験環境構成

・ロードバランサー(SSLアクセラレータ)
スループット 1Gbps

・WEBサーバ
Widndows2012R2(64biti) IIS8
SolutionServer 3012CP4-A12W-LV
CPU 4コア
メモリ 8GB
RAID 1(mirror)

・jmeterサーバ
Widndows2012R2(64biti) IIS8
SolutionServer 3014TU-A12W
CPU 8コア
メモリ 12GB

・SSL証明書
2048bit SHA2

4.試験方法

負荷試験機にはJmeterを使用し、負荷試験ページは2パターンです。
“HTML一枚の簡単な静的ページ”と、”画像を多く含んだ重いページ”のそれぞれのページにおいて
JMERTERで以下の設定で負荷をかけています。

■試験パターン(ページ、試験設定)
(1)軽量静的ページ
HTML一枚の簡単な静的ページ

・Jmerter設定
Ramp-UP60秒
ループ10回
スレッド 1000~4500(500ずつ追加し8パターンを計測)

(2)画像多数静的ページ
HTMLページで画像を表示させる重めのページ
画像300枚 合計3MB程度を含む

・Jmerter設定
Ramp-UP60秒
ループ10回
スレッド 10~50(10ずつ追加し5パターンを計測)

 

■環境パターン
①(ロードバランサー無し)サーバにSSL設置pattern1

②(ロードバランサーあり)ロードバランサーにSSLを設置

pattern2

③(ロードバランサーあり)サーバにSSL設置pattern3

④(ロードバランサーあり)HTTP

pattern4